もう一度ベトナムに行こう

ホーチミン語学留学に関する情報とトレンド

日本人はもっとも欧米に憧れる様に
子供の頃から潜在意識にインプットされてます。
音楽や映画、日本のTVコマーシャルも
モデルはすべて白人で次は黒人です。
そんな簡単に洗脳体質になった日本国民は
これからどうすればいいのでしょうか?

イギリスやアメリカに語学留学やワーホリ、
いまやセブ島やフィジーでも英語を学べます。
しかし、留学して英語がペラペラになり
Toiecを取れば将来は本当に安泰なのでしょうか?

よく考えてみると英語を話せる人は多く
ネイティブでなくてもペラペラな人はいます。
ましてやユーチューブや映画を観て独学で学び
セブ島留学した人は時間と浪費でかわいそうです。

英語が話せても就職や収入には関係ない時代。
そんな今だからこそベトナム語を学ぶべきです。
日本人はもちろん、ベトナム語を話せる外国人は非常に貴重で、ビジネスでは大きな信頼に繋がります。

ベトナムに住みたい、モテたいなど動機は様々ですが、グローバルな時点でみても差別化するにはベトナム語は必須になるでしょう。

IMG_3203






カナダといえば、そう。
アヴリル・ラビーンやジャスティン・ビーバーで有名ですが、
英語を学ぶ外国人も一時期は多かったのです。
昔日本人はテレビの影響もあり、欧米の文化に憧れる影響がありましたから、
語学留学は大ブームとなりました。

カナダでワーホリをしているユーチューバーの方が、6ヶ月でだいたいいくら貯金して準備していたかの動画がわかりやすかったので紹介します。
保険は半年で10万円、家賃はシェアハウスで6万5千円だそうで、かなり高めですね。

トートルで出発前に200万円を準備したそうです。
やはり、留学といえば大きなお金が必要ですよね。
今は結婚されて生活費は以前ほどかからないみたいですが(当時29歳だったそうです)

スクリーンショット 2019-08-04 8.10.15


そう考えると、東南アジアのベトナムの滞在費はかなりお手頃ですね。
ローカルなコーヒーは百円、食事もストリートだと三百円で美味しく食べれます。
やはりこれからは、南国の時代?
これはベトナムのご飯、フォーです。






発音が難しく日本に住んでいるとなかなか話す機会がないベトナム語。語学留学したいけど時間がない方はまず、ユーチューブで勉強するのがおススメです。

動画を観ながら真似すれば、少しは分かるかも?ここではユーチューブ動画を紹介します。日本語も上手なベトナム人女性。分かりやすい、しかも美人です。日本で育ったみたいですね。人間性の良さが、滲み出ています。



日本人ユーチューバーのアカリサンと、そのお友達がベトナム語を解説。日本人でもここまで話せるのなら、なんか勇気が出てきます。



寝ながら聞くだけで覚えれるそうです。
これは驚きですね、もし気力がでない人、忙しい時は試してみてはいかがでしょうか?



ベトナム語の声調、つまり音のトーンですね。
多くの人が最初に悩む課題で日本語では表せません。もはや、歌と思って取り組みましょう。




ベトナム語は英語に似たアルファベットですが少し違います。これはもう声に出して、真似するしかありません。さぁ、どうぞ。



いかがでしたか?
なんだかベトナム語が話せる気がしてきましたね。その調子で頑張りましょう。しかし1番いいのはベトナムに語学留学したり、現地に住んだり、あるいはオンラインでも毎日実際に話したりする事です。いま、自分が話したい事を伝えようとする努力から身につきますよね。


IMG_3145






このページのトップヘ